キャッシングの知識を持っておこう

お金がないときに、あなたならどのような対応をしますか。人に借りるのは恥ずかしいし、みっともない。だからといって、今すぐにお金が必要。

そんな時に便利なのが、キャッシングです。申し込みをするだけで簡単にお金が手に入る素晴らしいサービスです。

しかしキャッシングは魔法の都合ではありません。法律上は消費貸借という契約類型に当たります。当然、法律や特約に拘束されます。ある程度知識を持っていた方が安心してお金を借りることができます。これを機会にキャッシングの知識を身につけておきましょう。

●キャッシングって何

キャッシング事はよく聞く言葉です。簡単に言うと金融機関からお金を借りることです。個人レベルなので小口の貸し付けだと思っていただいて差し支えありません。

もちろんお金を借りるには、お金を貸す側の事情もあります。お金を貸したのに返ってこなければ単なる損害です。その際に大事なのが審査です。お金を貸したけどこの人はお金を返してくれるのかな?と貸し手は不安に思います。

お金を返してくれる可能性を見極めるのが審査です。金融機関によってこの審査の厳しさは変わってきます。

●銀行系

銀行系のキャッシングを見ていきましょう。特徴は金利が低いことです。全国にある銀行のATMが使えます。一番得なように見えます。しかし、銀行というだけあって審査は厳しめです。しかも少し時間がかかります。

今すぐにお金が必要という人にとっては、銀行系のキャッシング・カードローンは使いにくいかもしれません。

●信販系

信販系の特徴はショッピングの際に使えることが多いです。銀行系よりは審査は甘いですが、消費者金融よりは厳しいです。それゆえ銀行系と消費者金融との中間の金融機関だと思えばいいでしょう。

●消費者金融

最後に消費者金融です。一番審査が甘く、お金を借りやすいです。一番手っ取り早くお金が手に入るのが消費者金融の特徴です。

その分金利は銀行系や信販系よりも高くつくのがデメリットです。消費者金融と言っても数多くの会社があります。一番おすすめなのは、テレビCMなどで広告を打っている有名なところから借りることです。

得体の知れないところや、誰が経営しているかわからないところでは借りないようにしましょう。

●まとめ

キャッシングの知識として、銀行系・信販系・消費者金融という3つの種類の金融機関があることをみてきました。ご自分のライフスタイルに最適な金融機関で借り入れをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>