金利が特徴的なプロミスについて

金融会社から融資を受けるとなると、しばしば金利がポイントになります。それは金融会社への手数料なので、プロミスの場合はそれがやや特徴です。

まず他の金融会社に比べると、比較的利率が低めになっています。多くのキャッシングの上限利率は18%なのですが、この会社の場合は0.2%ほど低く、現時点では17.8%になります。

金利というのは金融会社に対して支払う手数料なのですから、他社よりも手数料がやや低めになっているのが特徴的です。

そしてプロミスには、利息ゼロのシステムがあります。融資会社によっては初回のみ利息ゼロで借りる事ができるのですが、プロミスの場合もそのゼロのサービスを採用しているのです。

ところでその無利息のサービスは、各会社によって色々です。そもそも何日間ゼロ円になるかは、各会社によって違います。180日はゼロ円になる会社もあれば、30日はゼロ円になる会社など様々です。

プロミスの場合は、30日になります。

ところがこの金融会社の場合は、ポイント制と呼ばれるものがあります。その会社の指定している条件を順次満たしていくと、ポイントが蓄積されていきます。

そのポイントがどれ位貯まっているかによって、無利息の日数も変化するのが特徴です。

無利息のサービスを採用している金融会社は沢山ありますが、ポイントで日数が変わってくる会社は非常に珍しいです。それはプロミスの特長の1つと言えます。

基本的にはポイントが多ければ、無料期間も長くなっていきます。250ポイントが蓄積されていますと1週間分は無利息になりますが、400ポイントほど累積されていると約2週間分が無利息などの具合です。

ただしそのポイントと日数は、あくまでも現時点でのものです。金融業界ではしばしばルール変更が行われるのですが、今後の状況によってはそのポイントの数字が変化する可能性はあります。

そしてポイントは、加算方式になります。プロミスの場合、その無利息サービスは「最初の1回限りで30日以内の完済」というルールになっていました。ところがポイントが蓄積されれば、その30日に加算されるのです。

前述のように累積ポイントが250であれば1週間無利息になる訳ですが、最初の1回が30日と設定されている訳ですから、合計で37日分の無利息期間が発生する事になります。

このようにポイントによる無利息の加算サービスがある金融会社は、とても珍しいです。それはプロミスの特徴の1つと言えるのですが。

つまり「通常金利が18%よりも低めになっている」のと「ポイントによって無利息の期間が変動する」のが、プロミスの特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>