キャッシングの知識を持っておこう

お金がないときに、あなたならどのような対応をしますか。人に借りるのは恥ずかしいし、みっともない。だからといって、今すぐにお金が必要。

そんな時に便利なのが、キャッシングです。申し込みをするだけで簡単にお金が手に入る素晴らしいサービスです。

しかしキャッシングは魔法の都合ではありません。法律上は消費貸借という契約類型に当たります。当然、法律や特約に拘束されます。ある程度知識を持っていた方が安心してお金を借りることができます。これを機会にキャッシングの知識を身につけておきましょう。

●キャッシングって何

キャッシング事はよく聞く言葉です。簡単に言うと金融機関からお金を借りることです。個人レベルなので小口の貸し付けだと思っていただいて差し支えありません。

もちろんお金を借りるには、お金を貸す側の事情もあります。お金を貸したのに返ってこなければ単なる損害です。その際に大事なのが審査です。お金を貸したけどこの人はお金を返してくれるのかな?と貸し手は不安に思います。

お金を返してくれる可能性を見極めるのが審査です。金融機関によってこの審査の厳しさは変わってきます。

●銀行系

銀行系のキャッシングを見ていきましょう。特徴は金利が低いことです。全国にある銀行のATMが使えます。一番得なように見えます。しかし、銀行というだけあって審査は厳しめです。しかも少し時間がかかります。

今すぐにお金が必要という人にとっては、銀行系のキャッシング・カードローンは使いにくいかもしれません。

●信販系

信販系の特徴はショッピングの際に使えることが多いです。銀行系よりは審査は甘いですが、消費者金融よりは厳しいです。それゆえ銀行系と消費者金融との中間の金融機関だと思えばいいでしょう。

●消費者金融

最後に消費者金融です。一番審査が甘く、お金を借りやすいです。一番手っ取り早くお金が手に入るのが消費者金融の特徴です。

その分金利は銀行系や信販系よりも高くつくのがデメリットです。消費者金融と言っても数多くの会社があります。一番おすすめなのは、テレビCMなどで広告を打っている有名なところから借りることです。

得体の知れないところや、誰が経営しているかわからないところでは借りないようにしましょう。

●まとめ

キャッシングの知識として、銀行系・信販系・消費者金融という3つの種類の金融機関があることをみてきました。ご自分のライフスタイルに最適な金融機関で借り入れをしましょう。

消費者金融と銀行のカードローンとの違いについて

消費者金融だけでなく、銀行系カードローンでもお金を借りたり貸したりするようなことができるのでありますがこの二つについてどんな違いがあるのかをご存知ですか?

基本的に、お金を借りること自体には変化はないのですから大きな違いはないと思っていませんか?そんなことはありません。両者には実にいろいろな違いが存在するのです。

1 審査面について

まず、消費者金融と銀行系カードローンの違いについてよく違いが出てくる面といえば申請をしたときの審査面であります。消費者金融でも銀行系カードローンでも基本的に申請をするときには、その人がお金を貸しても大丈夫かというような調査をします。

その調査について、どれだけ時間がかかるとか審査に通過する基準が各社で様々な設定がされていますが基本的に消費者金融のほうが審査時間も早めで、審査も通過しやすいというような違いがあります。

理由については、のちにいくつか紹介するのですが、銀行系カードローンですと申請から通過までに数週間から1か月近くかかるようなところが結構あったりします。

中には消費者金融並みの審査時間で対応してくれるカードローンもありますが、消費者金融のほうが基本的に審査の基準が緩く時間もかからないという傾向はあります。

2 金利面について

 お金を借りるとなると、やはり金利については切っても切れないような関係であると思います。では、その金利面についてどうなのかというようなことを考えると金利面では銀行系カードローンのほうが低めに設定されている傾向があります。

これは、基本的にお金を返済してくれる可能性がある人を厳しめに審査している事や、信頼性があるからこそ金利面が若干低めに設定されているのであり平均で上限金利が3パーセントくらいの差があり、場合によっては上限金利がカードローンですと10%を切るようなこともあります。 それくらい、消費者金融とは金利面では銀行系カードローンは金利面で有利なのです。

3 総量規制での違いについて

 総量規制とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みであり、この規制によって専業主婦などといった収入がない方にはお金を貸さなくなったというような事があったりします。

 消費者金融はこの規制の適用がありますが、銀行業ではこの規制の適用はありません。ですので、銀行系カードローンでは消費者金融ではお金を貸せないような人でも、お金が借りられるといったことがあるのです。

急にお金が必要になった。そんな時に便利なのはキャッシング

●キャッシングが便利

急にお金が必要になった。そんな時に便利なのはキャッシングです。世の中何が起こるかわかりません。急に病気になった。事故を起こしてしまった。彼女を妊娠させてしまった・・・など急な出費に見舞われることがあります。そんな時に便利なのが金融機関からのキャッシングです。

消費者金融や銀行系のカードローンが有名です。お金を貸す場合には必ず審査というものが行われます。かなり多くの人が不安を感じるプロセスです。

●どうすれば審査に通るの

ではどうすれば審査に通るのでしょうか。まず第一にお金を貸す側は、お金を返してくれないと困るわけです。そこで、定期的な収入のある人は返済してもらいやすいと判断されます。会社員や派遣社員の方なら、キャッシングやカードローンの審査で大抵の場合には通ります。

●主婦

主婦の場合、審査に通ることできるのでしょうか。結婚している場合は、配偶者の同意が必要とされます。お金を借りる理由を、亭主に説明し同意をとる必要があります。

ちなみに女性の場合のキャッシングは、女性向けキャッシング・カードローンと別枠でやさしい対応をしてくれる金融機関もあります。

●学生

学生の場合はどうでしょうか。会社員や派遣社員の場合と同じく安定した収入が必要になります。アルバイトをしていて定期的な収入がある人なら、審査に通る可能性は高いです。

収入がない場合には、親御さんに頼むしか方法はありません。

●返済は滞納しないように

審査に通るに大事な要素として、キャッシングの経験はあるが返済に遅れたことがないということがあります。返済で滞納してしまうと、金融機関は「この人にお金を貸したら、戻ってこないおそれがある」と判断されてしまいます。

それ以降は金を貸してくれなくなってしまいます。これを金融事故といいます。金融事故になった場合にはいわゆるブラックリスト扱いになり、一般的な消費者金融や銀行系のカードローンからお金を借りることができなくなります。

借りたお金は期限内に絶対に返しましょう。これは最重要課題です。

●まとめ
キャッシング・カードローンの審査に通るポイントを見てきました。一番大事なのは安定した収入だということです。安定した収入があれば学生や主婦でもキャッシングの審査に通ることは十分にできます。

返済をする際には、期限を守って、金融事故扱いにならないようにしましょう。金融機関の審査の特徴を理解して、便利に金融機関を使いましょう。

というわけで、素早く安全にお金を借りるのであれば、即日キャッシングのおすすめを参考にして納得する金融会社を選ぶのが良いですね。

金利が特徴的なプロミスについて

金融会社から融資を受けるとなると、しばしば金利がポイントになります。それは金融会社への手数料なので、プロミスの場合はそれがやや特徴です。

まず他の金融会社に比べると、比較的利率が低めになっています。多くのキャッシングの上限利率は18%なのですが、この会社の場合は0.2%ほど低く、現時点では17.8%になります。

金利というのは金融会社に対して支払う手数料なのですから、他社よりも手数料がやや低めになっているのが特徴的です。

そしてプロミスには、利息ゼロのシステムがあります。融資会社によっては初回のみ利息ゼロで借りる事ができるのですが、プロミスの場合もそのゼロのサービスを採用しているのです。

ところでその無利息のサービスは、各会社によって色々です。そもそも何日間ゼロ円になるかは、各会社によって違います。180日はゼロ円になる会社もあれば、30日はゼロ円になる会社など様々です。

プロミスの場合は、30日になります。

ところがこの金融会社の場合は、ポイント制と呼ばれるものがあります。その会社の指定している条件を順次満たしていくと、ポイントが蓄積されていきます。

そのポイントがどれ位貯まっているかによって、無利息の日数も変化するのが特徴です。

無利息のサービスを採用している金融会社は沢山ありますが、ポイントで日数が変わってくる会社は非常に珍しいです。それはプロミスの特長の1つと言えます。

基本的にはポイントが多ければ、無料期間も長くなっていきます。250ポイントが蓄積されていますと1週間分は無利息になりますが、400ポイントほど累積されていると約2週間分が無利息などの具合です。

ただしそのポイントと日数は、あくまでも現時点でのものです。金融業界ではしばしばルール変更が行われるのですが、今後の状況によってはそのポイントの数字が変化する可能性はあります。

そしてポイントは、加算方式になります。プロミスの場合、その無利息サービスは「最初の1回限りで30日以内の完済」というルールになっていました。ところがポイントが蓄積されれば、その30日に加算されるのです。

前述のように累積ポイントが250であれば1週間無利息になる訳ですが、最初の1回が30日と設定されている訳ですから、合計で37日分の無利息期間が発生する事になります。

このようにポイントによる無利息の加算サービスがある金融会社は、とても珍しいです。それはプロミスの特徴の1つと言えるのですが。

つまり「通常金利が18%よりも低めになっている」のと「ポイントによって無利息の期間が変動する」のが、プロミスの特徴です。

キャッシングの金利を左右する3つの要素

キャッシングはしばしば金利が大切なポイントになります。

まず金利というのは、年利という表現が用いられる事が多いです。1年間あたりの利息というものがパーセンテージで記載されていて、その数字が高いほど金融会社に対して手数料も高めになってきます。

例えば金融会社Aの場合は、年利が18%だとします。それに対してBの場合は16%台だとします。その2つを比較すればAの方が手数料が高めという事になります。

一般的には銀行などはAのような数字ではなくBのような所が多いですが、消費者金融がむしろAのように18に設定されている事が多いです。ですので低めな会社からお金を借りたいのであれば、AではなくBを選ぶ事になるでしょう。

その代わり、一般的にはBよりもAの方が融資までのスピードが早いです。

また金利は、お金を返す期日とも関係があります。キャッシングでお金を借りた以上は、もちろん返す義務があります。では期日より遅れた場合はどうなるかと言うと、損害金が発生する事があるのです。

前述のようにA社の場合は普段の金利が18に設定されているのですが、返済に遅れてしまいますとやや高めになってしまいます。損害金は、20%などに設定されている所が多いですね。

ですのであまり多くの金利を支払いたくないのであれば、返済に遅れないように気をつけるべきですね。

しかも返済が遅れてしまえば、信用情報に記録されてしまいます。以後の借り入れが難しくなってしまう事がありますので、注意が必要です。

ただ金融会社の金利が、借入可能な金額によっても決まってきます。そもそも金融会社から借りる事ができる金額には、必ず限りがあります。無制限に借りれるようなものではありません。

例えば上限が30万円と設定されていれば、20万円台での借り入れをする事はできます。しかし31万円以上の借りいれ等は不可能です。

その上限額の高低で、金利も変わってくるのです。極端な例ですが、上限額が30万円だとしましょう。その際の金利は18%だとします。ところが上限が額が60万円台などの場合は、金利が16%台などの具合です。

つまり上限が額が高まるにつれて、金融会社に対して支払う金利は低めになってくる訳です。

ただしその金利が決まるのも、審査次第です。一般的には上限額が高めな方が手数料が低くなる訳ですが、高めな上限額となるとそれだけ審査の基準も厳しくなります。

つまり金利が高低というものは、「どこの金融会社で申し込んでいるか」と「遅延の有無」と「上限額」という3つの要素で決まってくる訳です。